Profile

Jun. 16, 2021

alfo
Date of Birth: Jun. 3, 1974
慶應義塾大学理工学部中退
筑波大学附属高卒業
東京都足立区千住出身

natski
Date of Birth: Mar. 3, 1976
岩手大学大学院教育学研究科卒業
上越教育大学・岩手県立黒沢尻北高卒業
岩手県北上市出身

alfonatski

–情報の伝達が容易になり、価値観や文化の多様性が身近になったいま、「言葉に縛られる」ことは、かえって共感をさまたげる時代になっているのではないか–

あるほなつき ( alfonatski ≠ Alfo + Natski ) は、 2015年から、あるほ( Alfo ) と、なつき( Natski ) のユニットとして表現活動を開始。2017年からは絵本を自身で製作、製本、出版するRooTsを立ち上げ、あるほなつき(AlfoNatski)としての作品を発表。現在は、二人で一つの作品をつくる、あるほなつき(alfonatski)として活動している。

絵本の製作においては、「言葉」の解釈の違いが大きな壁になる。それぞれの育ってきた環境も異なるし、イントネーションの違いや、行間の読み取り方も違うのだ。さらに、「言葉」を多くの人へ共感をともなって伝えようとする事は容易ではなかった。それでもお互い妥協せず、一つの結果を出す為に、答えが出るまで議論し、お互いが納得できる「知恵」を探し出してきた。

送り手と受け手に「共通の目標」があるならば、そのために努力をし、知恵を絞る。結果的には「妥協しなくても何とかなる知恵を思いつく」という実感はあったが、そのことは他人との間で意思疎通を図ることが極めて困難であるということも同時に感じたのだ。

共感するための手段として「記号」は、存在し役割を果たしてきた。「記号」に関する解釈は洗練されたものになっていった。しかし「情報の伝達が容易になり、価値観や文化の多様性が身近になったいま、「言葉に縛られる」ことは、かえって共感をさまたげる時代になっているのではないか」と、感じるのだ。

他者との関係性に於いて「共通の目標」が定まらない中でも、「相互に関わりを持つ者としてお互いを尊重する」ことによってその困難は乗り越えられるのではないか。

alfonatskiのプロジェクトは言葉に縛られることなく「記号」を用いたやりとりを通して二人で一つの作品をつくることにより、他者と「相互に関わりを持つ者としてお互いを尊重する」方法を模索し続けている。

alfonatski

– Today, when information can be easily communicated and diversity in values and cultures has become commonplace, we seem to be in an era in which being “bound by words” can conversely hinder empathy.

alfonatski (≠ Alfo + Natski) began expressive activities in 2015 as the unit of Alfo and Natski. In 2017 they launched RooTs, by which they produce, bind, and publish picture books themselves, and released works as AlfoNatski. Currently, they are active as alfonatski, creating works together as a pair.

In the production of picture books, differences in the interpretation of words becomes a major barrier. The environments in the two grew up differ, with differences in intonation and in how to read between the lines. Moreover, conveying words to great numbers of people along with empathy was not easy. Still, with neither compromising, they discussed until answers appeared and searched for knowledge they could both agree on, to yield a single result.

When the sender and receiver have a common goal, they make efforts toward that and narrow down the knowledge. As a result, they felt that they could arrive at knowledge without compromising, but at the same time sensed that working to communicate these thoughts to other people was extremely difficult.

Symbols have played a role as a means of communicating empathy. The interpretation of symbols became more sophisticated over time. However, today, when information can be easily communicated and diversity in values and cultures has become commonplace, one feels that we are in an era in which being “bound by words” conversely hinders empathy.

Even if a common goals is not set in relationships with others, the difficulty might be overcome by respecting others as people with connections to each other.

By creating single works as a pair through interaction that uses symbols and is not bound by words, alfonatski’s projects continue to seek ways to respect others as people connected to each other. 

Oct. 3, 2019