「撮られること、描かれること」はあるほなつきの、ひとつのプロジェクトとして当初より続けており、それ自体が作品であると同時に、創作本などにも登場します。(つづく)

あるほなつきにおける写真と絵の相互関係

ただいまブックユニオンたかはたpage cafeにて開催中の「『あやふやのまま』の世界展」で展示されている、なつきの原画(板にペンで描いた人物)は、あるほが撮ったなつきと、なつきが撮ったあるほが、モチーフになっています。 …

雪の中の撮影

あるほなつきにとって、冬の景色、雪のある景色をモチーフとした作品作りは、ごく自然な身近なテーマとして常にあり続けてきました。 真っ白な世界の中でも、光や雪質、寒さや雪の降り方などを敏感に感じながら、その変化を捉えて作品に …

撮影日和

先日に引き続き、新しい作品作りのための撮影に出かけました。 今日は大カツラを目指して歩いて行きました。 歩いていく途中にも、目を見張る景色が広がっていて、たち止まっては撮影をしてゆっくりと行ったので、大カツラまで一時間近 …